2017
 

 

箕面の滝散策と紅葉狩り 大阪市住吉支部

 支部の第1回親睦イベントとして11月26日(日)に「箕面の滝散策と紅葉狩り」を開催しました。当日は、寒さも一段落したような気候となり、時折、陽が差す中での箕面の滝散策となりました。箕面では、10月22日の台風21号の影響で、箕面駅からのハイキングルートの一部が流木により通行止めになっています。でも、箕面観光協会が運営するバスツアー「箕面大滝観光ツアー」を利用して、上まで上ることが可能となっています。このバスツアーを使って、駅から20分で滝観光の拠点である、「箕面大日駐車場」まで運んでもらいました。大阪マラソンの当日のためか、幾分、観光客も少なく、ゆっくりと大滝を堪能し周辺を散策できました。また、参加者全員で、大経大のPRを兼ねて大滝をバックに記念写真も撮りました。

 昼食は、かの有名な大江戸温泉物語「箕面スパーガーデン」の昼食バイキングに挑みました。75分の持ち時間で、和食・洋食・中華からなる100品目の料理をどれだけ食べれるか、散策でお腹を減らし、いざ出陣となりましたが、やはり60歳以上にはちょっと手ごわく、あえなく、100品目の内、10品目が関の山でした。悔しいですね!「昼食は、食べた品目数より、やはり味ですよね」と全員が自分に言い聞かせ持ち時間終了。スパーガーデンの昼食バイキングは、思ったよりおいしかったですよ。

 昼食も終わり箕面駅での現地集合・解散の予定でしたが、名残惜しく、ついには梅田駅での解散となりました。何のことはない、梅田を通る参加者が多かったという落ちです。今回のイベントには、大阪市淀川支部長の青木正道氏の参加を得ることができ、住吉支部の山本岩雄支部長が都合で参加できなくなった空間を埋めていただきました。青木支部長には感謝いたします。

 総勢7名での第1回イベントを成功裡に終了することができました。今後とも、ご協力・ご支援をお願いいたします。

文責:橋本 稔(42回)

写真

 

設立総会を開催 大阪市住吉支部

 大阪市は24区からなっています。そこに在住する卒業生は、すでに4,000名を超えています。この数は、今後も大学の隆盛と共に増加します。今までは、大樟会大阪市総支部として、年1回の総会を含めて活動を進めてきましたが、少し母体が大きくなり過ぎ、運営が思うようには進めにくくなっていました。大阪市の都構想ではありませんが、もっとフットワーク良く活動ができるように、総支部を4つの独立した支部に再編して活動をすることとしました。住吉支部には、生野区、住吉区、東住吉区、住之江区、平野区が含まれています。

 これまでの4年間に様々な可能性を考えながら議論を進め、このたびの住吉支部の設立総会を迎えました。当日は、同窓会大樟会本部より事務局長の竹中亨様のご臨席をいただき、議事を進行しました。設立総会世話人山本岩雄を議長に設立宣言を行い、支部長を始めとした役員の選任、会計報告、活動方針を検討し、出席者全員の拍手をもって総会議題が承認されました。

 その後、久しぶりに見る大学の変貌ぶりを確かめ、昔過ごしたガタガタの床のB館はどこに行ったのか、正門前の池はどうなったのか、と昔学んだあの学舎を思い出していました。

支部長 山本 岩雄(33回)

写真
大阪経済大学 大樟会 大阪市住吉支部 設立総会 H29.4.9